総量規制を超えてしまったら。ご利用可能額0円の復活・解除と超えても借りれる方法を解説

借入が総量規制を超えてしまった。まずいな。どうなるんだろう…。

借金の合計額が総量規制を超えた場合、どうなるのか気になりますよね。

貸金業者からの借金は総量規制によって他社借入を含めて年収の3分の1までと法律で定められています。

総量規制は違反すると貸金業者の方が営業停止処分等を課されるため、顧客への融資額の管理はしっかり行われています。

そのため消費者金融のカードローン利用者が自ら進んで年収の3分の1を超えるお金を借りることは、基本的にはできないようになっています。

しかし借入金額が他社借入を合計すると総量規制を超えてしまったという事態はしばしば起こります。

今回は貸金業者からの借金の総額が総量規制を超えてしまった場合の対処について解説します。

管理人のアイコン画像管理人

借入件数や金額が増えるとどうしても総量規制が気になりますからね。

目次

借入が総量規制を超えてしまう場合

現在の借入が総量規制による年収の3分の1の制限を超えてしまうことは、アコムやプロミスなどのカードローンで借入がある人なら意外と誰にでも起こりえます。

収入が減少して借入合計が総量規制に達してしまう

一番よくあるのが収入の減少によって総量規制の制限にかかってしまうケースです。

例えば年収300万円の人が95万円の借入がある場合、この時点ではまだ借入が年収の3分の1(100万円)を超えておらず、総量規制の範囲内です。

しかしこの人が95万円の借入はそのままで年収が270万円に下がってしまうと、同じ95万円でも年収の3分の1(90万円)を超える借入となり総量規制を超えてしまいます。

新型コロナウィルスの影響で収入が大きく下がった人も多い今は、こうした形で借金が総量規制を超えてしまった方も少なくありません。

収入が減ったのがカードローン会社にバレるタイミングは?

収入が減ったことがカードローン会社にバレるタイミングは、やはり収入証明書類を提出するときです。

収入証明書類の提出は

  • 限度額の増額を申請するとき
  • 新規に他社カードローンを申し込むとき
  • おまとめローン等を申し込むとき

などが大半です。

総量規制ギリギリの借入がある状態で契約時や前回の収入証明書類提出時より収入が下がっているとき、収入証明書類を提出してしまうと収入減少がカードローン会社に知られ、総量規制により借入限度額を0円にされて借りれなくなります。

貸金業者は、指定信用情報機関を利用し、借り手の借入残高を把握します。
また、借り手の年収については、一定の場合「収入を証明する書類」を借り手から受け取ることで、把握する仕組みになっています。

引用元:お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

収入証明書類には給料明細ではなく源泉徴収票を

収入証明書類の提出がどうしても必要な場合、多くの方が提示する直近2ヶ月分の給料明細書ではなく、前年度の確定申告書または源泉徴収票を提示するようにしましょう。

確定申告書や源泉徴収票などは前年の収入が示されており、直近数ヶ月で収入が激減した場合でも書類上は収入が減っていないという状況を作れます。

確定申告書は毎年3月中旬までに税務署で確定申告をしないともらえませんが、源泉徴収票は会社員や派遣社員の方なら年末に勤め先から受け取るはずです。

収入証明書類がどうしても必要になったら、源泉徴収票を提示しましょう。

管理人のアイコン画像管理人

年収が下がり借りれなくなると困る方は、収入証明書類の提出を極力避けた方がよいでしょう。どうしても提出しなければならないときは源泉徴収票です。

現在の借入が総量規制を超えてしまったらどうなる?

現在の貸金業者からの借入が総量規制にあたる年収の3分の1の金額を超えてしまった場合はどうなるのか。

カードが使えない。借入可能額が0円になり追加融資ができなくなる

総量規制を超えてしまうと、現在利用中のカードローンは借入可能額が0円になり、追加でお金を借りることができなくなります。

自分から総量規制以上にお金を借りた結果、借りれなくなった場合はご自身でも事態を把握していると思います。

しかし収入が下がった等の場合は、まだ借りれると思っていたカードローンがある日突然借りれなくなるという状況になりがちです。

総量規制ギリギリの借入がある場合は、いつでもすぐに借りれなくなるリスクがあることも覚えておきましょう。

総量規制を超えても一括返済は求められない

借入が総量規制を超えてしまった場合でも、アコムなどのカードローン会社から直ちに借入残高の一括返済を請求されることはありません。

返済はこれまで通り、借入残高に応じた毎月の最低返済額を銀行引落または期日までに入金して返済を進めることになります。

総量規制を超えた借入になると追加融資は受けられませんが、返済が進んで借入残高が総量規制の範囲内に収まるようになると、カードローンの限度額内で再度借りれるようになります。

管理人のアイコン画像管理人

総量規制を超えた途端に一括返済を求めても、払えないことはカードローン会社もよくわかっています。返済はこれまで通りで大丈夫ですよ。

総量規制による借入制限を解除する、ご利用可能額0円からの復活方法

総量規制の制限によりカードローンのご利用可能額が0円になってしまった場合の復活方法は、基本的には返済を進めて借入残高を年収の3分の1以下にまで減らす以外にありません。

そのため、いかにして積極的に繰り上げ返済を進めていくかを考えることが大切です。

不用品を売却して繰り上げ返済する

総量規制の借入制限を解除するために、自宅にある不用品やお金になりそうなものを買取業者に買い取ってもらったり、メルカリジモティー等のフリマアプリで売却して返済に充てていきましょう。

カードローンは借入残高に対して金利が日割り計算で毎日発生するため、借入残高は1日でも早く減らした方が利息の支払いは少なくなります。

「不用品を売却して得たお金を手元においておけば、総量規制で借りれなくてもお金はあるから問題ない。」

などとは思わずに返済に充てるのがおすすめです。

その方が無駄遣いせず利息も余分に払わずに効率よく返済を進められます。

副業で稼いで繰り上げ返済する

バイトや副業を始めて繰り上げ返済を進めるのも総量規制による借入制限を解除するのに有効です。

新型コロナの影響でアルバイトは難しいかもしれませんが、今は自宅でできる副業も「副業 在宅」などでGoogle検索やSNSで調べると、たくさんやり方が見つかります。

今だとYouTubeの動画編集やサムネイル画像作成などの仕事をユーチューバーから請け負うなど、新しい在宅の仕事も生まれています。

副業で短期間で大きく稼ぐことは難しいかもしれませんが、長期的に取り組める副業が見つかれば、総量規制の借入制限の解除はもちろん、借金自体の返済も大きく前進するはずです。

管理人のアイコン画像管理人

副業をすること自体はおすすめですが、最初に入会金やコンサル料など意味不明な出費を強いられるような、損をする可能性のある副業は避けてくださいね。

総量規制を超えても借りれるカードローンに借り換える

総量規制を超えてしまった場合、総量規制対象外のローンや総量規制オーバーの借入が認められているローンに借り換える方法もあります。

特に4社、5社と借入件数が多い場合は借り換えにより金利や毎月の返済額が下がるメリットがあります。

銀行カードローンは総量規制対象外だが総量規制相当の自主規制がある

総量規制対象外で借りれるのは銀行など貸金業者以外からの借入です。

銀行カードローンは総量規制対象外の借入先としては、非常に多くの人が利用している金融商品です。

しかし銀行カードローンは2017年頃の過剰融資問題の影響から審査が厳しくなり、すでに総量規制を超えそうな他社借入がある方の申込みは審査通過が難しくなっています。

銀行カードローンの残高が増加していることを受け、銀行による消費者向け貸付けについて、改正貸金業法の趣旨を踏まえた広告等の実施および審査態勢等の整備をより一層徹底する

引用元:銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせについて | 平成29年 | 一般社団法人 全国銀行協会

また銀行カードローンは総量規制対象外ではあるものの、審査の際は貸金業者での借入状況も考慮した上で限度額を決定する銀行が増えており、審査に通過しても充分な借入限度額にならない可能性もあります。

銀行カードローンについては、ここ数年の間に見られた融資残高の増加から、過剰な貸付けが行われているのではないかといった批判・指摘等がなされてきており、各行では、自主的な業務運営の見直しを検討・実施してきています。

引用元:銀行カードローンのフォローアップ調査結果について:金融庁

銀行カードローンを貸金業者からの借り換え・おまとめローンとして利用することも銀行によっては可能ですが、審査通過が難しいことは覚悟しなくてはいけません。

借り換え可能な主な銀行カードローン
銀行カードローン実質年率借入限度額借り換え
楽天銀行カードローン1.9%~14.5%最高800万円可能
ジャパンネット銀行カードローン1.59%~18.0%最高1000万円可能
auじぶん銀行カードローン2.2%~17.5%10万円~800万円可能

他社からの借り換えが可能な銀行カードローンは現状では少なく、一部のネットバンクや地方銀行のカードローンで取り扱いがあるのみです。

また注意すべき点としては金利が挙げられます。

銀行カードローンとはいえ最高金利が消費者金融とほとんど変わらないところもあり、借り換えても金利が下がらない場合があります。

管理人のアイコン画像管理人

現状で借り換え可能で金利も消費者金融より低いのは楽天銀行カードローンくらいですね。

銀行フリーローンによるおまとめローンに借り換える

フリーローンは限度額の範囲内で繰り返し借りれるカードローンとは異なり、審査で可決した融資額を一度借りたら、あとはひたすら返済をしていくのみのローンです。

フリーという名の通り資金使途は原則自由で、銀行が禁止していなければおまとめローンとして貸金業者からの既存債務の借り換えにも利用できます。

銀行のフリーローンは総量規制対象外なので、現在の借入をすべて借り換えることができれば年収の3分の1を超えた借入であっても特に問題はありません。

カードローンと違い返済専用ローンとなることから、計画的に借金返済を進めていきたい人にはおすすめです。

おまとめ可能な主な銀行フリーローン
銀行フリーローン実質年率借入金額契約期間
東京スター銀行おまとめローン年12.5%30万円〜1000万円10年
西日本シティ銀行NCBおまとめローン年4.5%~年15.0%10万円〜500万円6ヶ月以上15年以内
トマト銀行フリーローン「充実生活」年3.8%~年14.5%10万円〜1000万円10年

消費者金融のおまとめローンは総量規制オーバーでも借りれる

消費者金融のおまとめローンは総量規制の例外貸付けにあたるため、総量規制を超えた年収の3分の1以上の借入もできます。

すでに総量規制を超えた借入がある場合、契約中の消費者金融でおまとめローンの取り扱いがあれば、他社借入も含めておまとめローンへの借り換えができるかをオペレーターさんに相談してみるのもおすすめです。

通常のカードローンは総量規制を超えた借入であることがカードローン会社に知られると利用可能額は0円になり返済専用ローンに切り替わります。

しかしおまとめローンは同じ返済専用ローンでも融資額を大きく取ることで金利が下がるメリットがあります。

具体的にはおまとめローンでの融資額が100万円を超える場合は金利は年率15.0%が最高で、年率15%より下がる可能性も見込めます。

まとめ:総量規制を超えてしまったら

この記事のまとめ
  • 収入減少により借入が総量規制を超えてしまうことがある
  • 総量規制を超えると追加融資はできないが一括返済は求められない
  • 返済を進めることで総量規制の解除と借入可能額の復活ができる
  • 総量規制を超えても借りれるカードローンを利用する

現在の借入総額が総量規制を超えてしまった場合でも、追加の借入ができないだけで一括返済を求められることはなく、返済はこれまで通り一定額を毎月返済すれば大丈夫です。

返済を進めて借入が年収の3分の1以内に収まるようになると、再び限度額の範囲内で借りれるようになります。

そのため早期に融資枠を復活させるには、不用品を売却したり副業でお金を稼いで繰り上げ返済を進めるのがおすすめです。

またさらにお金が必要になりそうな場合は、総量規制対象外になっているローンや総量規制を超えた借入ができるおまとめローンへの借り換えを検討しましょう。

おまとめローンに借り換える場合、収入証明書類は源泉徴収票が一番おすすめです。

管理人のアイコン画像管理人

借入の合計が総量規制を超えてしまってもパニックにならず落ち着いて対処しましょうね。

目次
閉じる