総量規制対象外で即日融資も可能なカードローン。審査が甘いのはどこか?

他社借入の借金がかなりあるので、総量規制対象外で年収の3分の1を超えても借入ができるカードローンで借りたい。

今すぐお金が必要なので即日融資で借りれるところがいい。

他社借入があるからできれば審査が甘いところがいい。

こうした要望はけっこうあるものです。

総量規制対象外で即日融資も可能なカードローンで審査が甘いところはどこか。

正直、かなり無理なところもある課題ですが、銀行ローンや貸金業界全体を俯瞰して現状におけるベストな選択について検証してみました。

管理人のアイコン画像管理人

借りやすいところから適切な借入ができるのがベストですからね。

目次

総量規制オーバーの即日融資も可能な大手消費者金融のおまとめローン

大手消費者金融で総量規制オーバーで即日融資も可能なカードローンには、おまとめローン(貸金業法に基づく借り換えローン)とビジネスローンの2つがあります。

消費者金融(貸金業者)のローンのため、どちらも厳密には総量規制対象外ではありませんが、総量規制の例外として年収の3分の1を超える融資が認められています。

実質的には総量規制対象外と考えてよい金融商品です。

複数の借入れを一本化する、いわゆる「おまとめローン」は、法令が規定する一定の条件を満たせば、「顧客に一方的有利となる借換え」として総量規制の「例外貸付け」に該当し、貸金業者から年収の3分の1を超えて利用できる場合があります。

引用元:総量規制が適用されない場合について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

個人事業者が事業資金などの借入れのため、事業・収支・資金計画を提出し、返済能力があると認められる場合には、上限金額に特段の制約なく、貸金業者からの借入れが可能です。

引用元:総量規制が適用されない場合について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会
管理人のアイコン画像管理人

このように消費者金融でもおまとめローンと個人事業主向けローンは総量規制の例外貸付けとなっているのです。

大手消費者金融は即日融資が得意

大手消費者金融は金融業界の中でもスピード審査・即日融資を最も得意としている会社ばかりです。

おまとめローンやビジネスローンにおいても借入条件を満たし収入証明書類等もきちんと用意できていれば、通常のカードローンよりも時間はかかるものの、朝イチで申込みをすれば当日中の即日融資も不可能ではありません。

総量規制対象外で即日融資も可能なカードローンをお探しであれば、大手消費者金融のおまとめローンやビジネスローンが第一候補として挙げられます。

消費者金融のおまとめローン審査は甘くないが厳しいわけでもない

しかし審査が甘いかというと、特におまとめローンは消費者金融会社からすれば他社借入が多い人に多額の融資を行うローンのため、残念ながら通常のカードローン審査よりは厳しくなります。

とはいえ消費者金融のおまとめローンはめちゃくちゃ審査が厳しいかといえばそうでもありません。

下記は指定信用情報機関のひとつ、CICの統計データです。

画像引用元:貸金統計データ|指定信用情報機関のCIC

令和2年6月20日時点のデータでは総量規制の例外貸付けのうち、おまとめローンにあたる「借換ローン」と「段階的借換」の登録件数は合わせて329,083件にも上ります。

これは大手消費者金融に限定したデータではありませんが、貸付できる資金量を考えると大半が大手消費者金融でのおまとめローン利用ではないかと推測されます。

管理人のアイコン画像管理人

全国にこれだけの利用者がいるのであれば、消費者金融のおまとめローンの審査は甘くはないが、厳しすぎるわけでもないと言えるでしょう。

大手消費者金融のおまとめローン一覧

借入限度額実質年率借換対象債務
アコム「貸金業法に基づく借換え専用ローン」1万円~300万円7.7%~18.0%貸金業者債務の借換え
プロミス「おまとめローン」300万円6.3%~17.8%貸金業者債務の借換え
アイフル「借り換えMAX・おまとめMAX」1万円~800万円3.0%~17.5%貸金業者債務の借換え
銀行ローン、クレジットカードのリボ払いの借換え

消費者金融大手5社(アコム、アイフル、新生フィナンシャル、SMBCコンシューマーファイナンス、SMBCモビット)のうち、おまとめローンを扱うのはアコム、プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)、アイフルの3社です。

このうちアイフルのおまとめローンは貸金業者の借入以外にもクレカのリボ払い残高のおまとめにも利用できます。

管理人のアイコン画像管理人

おまとめローンに関しては大手ではアイフルが最も積極的な印象ですね。

銀行カードローンは総量規制対象外。しかし即日融資は不可能で審査は厳しい。

総量規制対象外で借りれるカードローンといえばやはり銀行カードローンでしょう。

銀行は貸金業法ではなく銀行法によって管理される金融機関であり、銀行カードローンは貸金業法に基づく総量規制については完全に対象外です。

銀行カードローンは2017年頃まで即日融資も可能だった時代があり、総量規制対象外、消費者金融より低金利、そして即日融資も可能と、消費者金融各社のシェアを奪って融資額を大きく伸ばしていました。

銀行カードローン(カードキャッシングなどを含む)の残高は、日本銀行が平成25年4月に現行の大規模な金融緩和策を始めたころから急増している。29年度末で5兆8186億円と過去10年間で7割以上増え、過剰な貸し出しが横行していると指摘された。

引用元:銀行カードローンに厳しい目 過剰債務、規制強化対策へ自助努力|産経ニュース

しかし銀行カードローンは2017年より金融庁の指導のもと、過剰融資問題の対応として審査の際に警察庁のデータベースに預金保険機構を介して照会することなどが取り決められ、即日融資は不可能となりました。

「銀行界と警察庁データベースとの接続についても、警察庁・金融庁・銀行界の実務者間で、継続的に検討」することとしておりましたが、本年1月4日から警察庁の暴力団情報データベースへの接続が開始されました

引用元:反社会的勢力との関係遮断に向けた対応について|一般社団法人全国銀行協会

銀行カードローンでお金を借りる場合、現在は申込みから融資実行までは最短でも翌営業日以降で、申込み当日中の即日融資はどんなに年収が多く属性の良い人であってもできません。

審査が甘いかどうかという観点でも銀行カードローンは金融庁からの指導もあり、審査の厳格化が進んでいます。

参考:銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせについて | 平成29年 | 一般社団法人 全国銀行協会

管理人のアイコン画像管理人

きちんとした職業、収入があり、他社借入もないという人でなければ、銀行カードローンの審査が甘いとは到底言えない状況です。

審査の甘い街金は小口なら即日も可能だが総量規制オーバー融資は困難

銀行カードローンや大手消費者金融と比べて審査が甘いといわれるのが中小消費者金融、いわゆる街金です。

貸金業者は全国に1000社以上あり、アコムやアイフルといった大手はその中のほんのごく一部で、大部分の貸金業者は中小消費者金融に属します。

街金は大手の審査に落ちた方を独自基準の審査により主な顧客としており、10万円以内の小口融資であれば総量規制の範囲内で即日融資が可能なところも多いです。

街金の総量規制オーバー融資もおまとめローンかビジネスローンのみ

街金では総量規制オーバーの融資は大手と同様におまとめローンかビジネスローンでの貸付しか行なえません。

これは通常のカードローン商品での総量規制を超える融資は、街金であっても貸金業法に抵触し営業停止等の厳しい措置が取られるためです。

そのため審査の甘い街金なら総量規制オーバーの融資に対しても簡単に借りれるということは絶対にありません。

さらに街金では融資額の大きいおまとめローンは提出書類なども多く審査に時間を要するため、即日融資はほぼ不可能です。

また銀行グループ傘下の大手と比較すると、街金は資金面でも余力がなく、一人の顧客に対して融資額の大きいおまとめローンは取り扱いがない所や消極的なところも多いです。

審査が甘い街金も総量規制オーバーとなるまとまった金額の融資に関しては厳しいのが現状です。

  • 街金も総量規制オーバー融資はおまとめローンかビジネスローンのみ
  • 街金で融資額の大きいおまとめローンの即日融資はほぼ不可能
  • 街金は資金力からもおまとめローンには消極的

主な街金の総量規制の例外貸付け一覧

消費者金融貸金業法に基づく借換ローン
限度額・実質年率
ビジネスローン
限度額・実質年率
アロー〜200万円
年率15.00%〜19.94%
フクホー5万円〜200万円
年率7.30%〜20.0%
キャッシングAny50万円〜500万円
年率5.0%〜15.0%
100万円~500万円
年率6.9%~15.0%
いつも1万円〜500万円
年率4.8%〜18.0%
1万円〜500万円
年率4.8%〜18.0%
AZ30万円〜300万円
年率7.0%〜18.0%
10万円〜1000万円
年率7.0%〜18.0%

街金のおまとめローンの金利は表記上は高くなっていますが、100万円を超える融資については貸金業法で上限利息が年率15%までと決められています。

元本の金額が100万円以上のときの上限金利 → 年15%

引用元:上限金利について|日本貸金業協会

ただし街金はおまとめローンでも借入額が100万円を超えない場合はおまとめ後も金利がほとんど変わらない場合があります。

管理人のアイコン画像管理人

街金のおまとめローン、収入が少なく現在の借入をまとめても100万円に満たない方には向いていませんね。

総量規制オーバーで即日融資も可能!はヤミ金業者の宣伝の可能性大

総量規制オーバーで即日融資も可能!

他社で断られた方も大歓迎!ブラックでも借りれる極甘融資はこちら!

などという情報もGoogleやツイッターで検索して調べるとたくさん出てきます。

しかしこうした宣伝文句で融資を行う業者は大半が財務局や各都道府県知事からの貸金業登録を行っていない違法業者、いわゆるヤミ金です。

正規の貸金業者であればこうした宣伝文句は絶対に使いません。

正規の貸金業者ではないヤミ金であれば確かに総量規制対象外です。年収の3分の1を超える借入や即日融資も可能かもしれません。

しかし違法業者ゆえに貸金業法や利息制限法といった消費者保護を目的とする法律には守られない高金利を請求してきます。

そして返済できないと携帯電話や銀行口座などの譲渡を要求され、それもできないと職場や家族のいる自宅などに取立の電話が殺到するといったトラブルに見舞われます。

またヤミ金業者の中には正規の貸金業者の名称や貸金業登録番号などを勝手に名乗って営業活動をしているところもあります。

ヤミ金のなりすまし被害にあっている正規の中小消費者金融は実際かなりあります。

参照:ヤミ金情報|キャッシングエニー

金融庁のWebサイトには登録貸金業者を検索できるサービスもあるので、怪しい金融業者はまずこちらで登録がされているか確認するのがおすすめです。

参照:登録貸金業者情報検索入力ページ|金融庁

管理人のアイコン画像管理人

総量規制オーバーの即日融資を謳う怪しい金融業者にはくれぐれも注意してくださいね。

総量規制オーバーの即日融資は可能だが審査の甘いところはない

総量規制対象外で即日融資も可能なカードローンで審査が甘いのはどこなのか。

銀行カードローン、大手消費者金融、中小の街金をわかりやすくまとめると下記の表のようになります。

審査即日融資総量規制オーバー融資
銀行カードローン厳しい不可可能
大手消費者金融やや厳しい可能総量規制の例外適用で可能
中小・街金甘いほぼ不可総量規制の例外適用で可能
  1. 総量規制対象外で借りれる
  2. 即日融資も可能
  3. 審査が甘い

この3つの希望条件をすべて満たすカードローンは、残念ながら存在しません。

しかし即日融資をあきらめれば、スケジュールに余裕を持って申し込むことで総量規制対象外で借りれるカードローンはあります。

審査が甘いことを重視するなら街金で粘り強く申込み手続きを進めていくべきです。

そして審査の難易度と融資スピードのバランスがよいのが大手消費者金融のおまとめローンと言えます。

管理人のアイコン画像管理人

誰にでも勧められる一強のカードローンはありませんが、ご自身の状況を顧みて、どの条件を重視して借入先を選択するかが大切ですね。

この記事のまとめ
  • 銀行カードローンは総量規制対象外で借りれるが、審査は厳しく即日融資も不可能。
  • 大手消費者金融カードローンはおまとめローン等で総量規制の例外で即日融資も可能だが審査はやや厳しい。
  • 中小の街金は審査は甘いが総量規制を超える即日融資はほぼ不可能。
  • 総量規制オーバーの即日融資などを謳うヤミ金業者には要注意。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる